秋を満喫

秋を感じたいので、家族で紅葉を観に丹波篠山にやって参りました。

色づき加減は8割でしたが、やっぱ秋の紅葉は癒されます(^^)

紅葉見物だけでは子供が満足しないので、丹波の立杭焼陶芸も試みてみました。

僕自身もかなり久しぶりで、正直何もアイデアが浮かばない自分に情けなさを感じつつ、子供の制作を見ていると、考える間もなくおよそ5分くらいで1個目を完成させ瞬く間に3品作り上げていました。

脳みその柔らかさがこんなにも違うと、大人って経験で偉そうな事言う割に、1から物を作ったり考えたりする能力は子供には適わないと痛感しました^^;

仕上がりが楽しみです。

さて、少し時間もあったので嫁が北欧のデザイン展が近くの美術館やっていると言うのでこちらもお邪魔しました。(どうやらこれが目的だったようで…)

マリメッコやイッタラと耳なじみのデザイン展が丹波篠山の美術館に展示しているのはとても新鮮で癒され度がマックスになりました。

ちなみに兵庫陶芸美術館の「虚空蔵」ってレストラン。生パスタ最高に美味かったです(^^♪

芸術と食欲の秋。 秋って最高ですね!

M.Omuro

ヒロセオ-トキャンプ

ヒロシです

緊急事態宣言中では無いので、7/22 23 24 二泊三日で、福井県高浜市にキャンプに行ってきました。本当は三泊四日でしたが、25日が長女の林間学校と重なってしまったので短縮。ヒロセキャンプ場、今回二回目です。一回目は花火大会に合わせて行きましたが、今年は花火大会はコロナで中止でした。そして対策の為、テントも1サイト飛ばしでした。少し安心です。広いし、ゆったりしております。

小生は5時起きし、そして車への積み込みです。この作業は未だに嫌いです。自宅から約3時間で到着。 本当に暑い・・・。 しかしなにはともあれ、まずは腹ごしらえ! 現場のK川さんからいただいた、青プラスチックのテーブル+椅子セットで。これは夏キャンプでは必須です。濡れていても大丈夫なので。

昼食後、みんなでテントを設営し、妻だけ残し、3人でいざ目の前の砂浜へ! すごく澄んだ水!!  美しい!!! また来てよかった。遠いけど・・・。車運転嫌いです。

スノ-ケリングしていると、すばしっこい小魚や、カニや綺麗な石や、いろんな色のガラス破片が見えます。波の少ない穏やかな海です。 気持ちいい、超気持ちいい。何時間でも見ていられます。                                     

晩飯は牛肉、豚バラ、焼鳥、シシャモ、手羽先。そしてよく冷えたキンキンの一番搾りと、サントリ-★と、スーパ-ドライ。いつもは第三?ですが・・・。最近は食後の洗い物は子供たちがやります。

翌朝は4:30起床。長女とキス釣りに、長男は起きず・・・。エサは昨日近くの釣具屋で買った石ゴカイ。ちゃんとクーラ-で保管(やり方YouTubeで調べた)していたからなかなか元気です。 だけど長女は触れないと。自分で出来ないなら別エサもあります(写真) 本命のキス、ガッチョ、チャリコ、ガシラも釣れました。戻って焼きました。やっぱり美味しい! ベーコンも焼いて、今朝はお茶漬+漬物。このイワタニのカセットコンロ優秀です。炭起こさんでイイから早いし楽。このクーラ-BOXは高かったけど素晴らしい。氷解けません。すごく重いけど・・・。 

                                    

そしてまた海へ。そうこうしていると場内アナウンスが。車で冷たいもの売りにきましたよ、と。子供はすぐに反応。けずりいちご600円、フロ-ズンいちご500円也・・・。

晩ごはんの食材を買いに近くのス-パ-に行きました。サザエ、大アサリなど海の幸購入。 戻ったら着替用テントに、ナナフシ?が。初めて実際に見ました。嬉しかった。

久しぶりに捕まえたギンヤンマ。うるさいほどのセミの声、真っ青な広い空、とても大きな濃い白の入道雲、どこかで何かを焼いている音やにおい。楽しそうな元気な声。真夏のキャンプはすごく暑いけど大好きだ。我が家の子供たち、長女5年、長男2年、妻〇〇才は、いつまで小生と一緒にキャンプに行ってくれる?のかなぁ。

キャンプ歴5年、ヒロシでした。                                  

追伸                                        長男が帰ってすぐに、楽しそうに夏休みの宿題の日記を書いてました。

癒し…

お久しぶりです。

私事ですが、今年の1月から兄妹猫との新生活が始まりました。当初は1匹の予定でしたが、保護猫サイトの兄妹での写真に一目惚れし2匹一緒に引き取ることを決意。掲載されていた写真はもうないですが、保護主さんから送られてきた写真がこちらです。

右が兄、左が妹です。この時で生後4~5ヶ月程ですが、妻も私ももうメロメロで…

この子達は門真の工場で保護されたとの事。妻も幼少期に門真に住んでいた為、何かの縁があったのかもしれません。

我が家に来た当初は警戒心MAX。保護主さんがキャリーバックから出してゲージに入れてくれたのですが、大暴れし保護主さんの手をひっかいて流血騒ぎ。保護主さんが必死で「普段はおとなしい子たちなんです。」とフォローしていたのが面白かったです。             2日間程ゲージの中にあったテント型の寝床に2匹で隠れ、一向に姿を見せなかったのですが、おもちゃで釣る等してやっと姿を現すようになりました。

その時の写真がこちら👇

まだまだ警戒心MAX状態でした 笑。

兄猫は徐々にご飯やおやつで釣ることで私たちに慣れてきたのか触らせてくれるようになったのですが、妹猫は警戒心が非常に強く、ゲージから出ておもちゃで一緒に遊んだりするものの、触れようとすると威嚇しまくり…この子と触れ合うことは一生できないのではないかと思いました。それでも根気よくチュールを上げている隙に触ったりすると、妹猫も我々に気を許すようになったのか、触らせてくれるようになりました。(チュール恐るべし)

そして、今では兄猫よりも妹猫の方が甘えたがりな猫になり、妻をメロメロにしています。

彼らが我が家に来てから約半年。保護猫なので生まれた日は分からないですが、我が家に来た時で生後6ヶ月ぐらいだったので、勝手に7月7日を彼らの誕生日とし、ささやかながらお祝いをしました。

猫用のケーキを用意し、壁には写真のような飾りをつけました。(つけて3分程で一部剥がされましたが…笑 )

このコロナ渦で外出が減り、家にいる事が多くなったのですが、彼らのおかげで家にいる事が苦ではなく、また夫婦間の会話もさらに増えました。(決して夫婦関係がぎすぎすしていた訳ではないです 笑)。嫌なことがあっても彼らを見れば一瞬で元気になり、頑張ろうとやる気も出てきます。今や彼らのいない生活は考えられないほど私たち夫婦の癒しの存在です。

これからも永く一緒に暮らせるように頑張ろうと改めて思えた1日でした。

M.akiyama

新型コロナに気付かされたこと

先日、電話システムの主装置をクラウド化しました。

これだけ聞くとサッパリ意味が分からないと思いますが、簡単に言うと「ネット空間に電話の親機を置いた」と解釈していただければ結構です。その結果、専用の電話機をネットに繋げれば、どこでも子機として使用できるようになりました。当然、スマートフォンも専用のアプリを導入すれば、子機になります。つまりネット環境下にいれば、どこにいても会社にかかってきた電話を受信できるようになりました。同時に文字による伝達をチャットツールに置き換えました。また、受注処理システムはすでにクラウド化済みのため、どこにいても事務所にいる時と同様にほとんどの作業を行えるようになりました。

ただし、今回、変更を行った目的は「在宅勤務」をするためではありません。むしろ、その先を見据えて、脱「在」を行うためにシステム変更を行いました。

今回のコロナ環境下では、今までいかに場所に捉われていたのかを認識させられることが多々ありました。「わざわざ時間をかけて出勤する意味はあるのか?」「出張する意味はあるのか?」「みんなが同じところに集まる意味はあるのか?」など、様々な面に置いて移動と滞在の意味を問いかけるシーンが多かったと思います。反面、人間同士が接する意味も見直された気がします。

例えば、zoomなどで情報交換を行った際になんとなく味気ない感じになったことはないでしょうか?「雑談をやりにくい」とか「相手の雰囲気をつかみ難い」といった声を聞いたこともあります。そんな中、なんとなくムダの意味を考えるようになりました。「会社に社員が集まる事はムダなのか?」「受注に繋がらない会話はムダなのか?」「出張してまで遠くにいる相手の顔を見に行く事はムダなのか?」など、効率だけを考えれば排除した方が良いとされがちな内容についてです。

その結果、私達が導き出した結論は「ムダがあるから面白い」という事です。

以前放送されていた番組の「笑っていいとも!」で、タモリさんが出演者の笑いのパターンをひたすら邪魔する理由を「予定調和ばかりだとつまらない」とおっしゃてたそうですが、まさにお客さんと雑談する中で思いもよらなかったひらめきが生まれれば本望です。その時間を最大限確保するために場所や時間に縛られない環境構築をすることが今回の目的でした。

あとは新型コロナが落ち着くのを待つだけ。今回の事態では様々な障害に見舞われましたが、新たな気付きと行動をもたらしてくれた貴重な機会でもありました。

今回の「有効な非効率を生み出すための効率化」を活かして、次のステップに進みたいと思います。

k.yamatani

GW自由課題!!

三度目の緊急事態宣言の中、やっとワクチン接取が始まりましたね。

町の診療所では中々予約を取るのが難しいようですが、少しでも早くワクチン接種が進んで安心して過ごせる世の中になるのを祈っております。

さて5月のGWといえば毎年どこかに出かけてワイワイ、ドンチャンと過ごしておりましたが、今年はがっつりインドアを決め込んでおりました。

せっかくの長期休暇をインドアで過ごすので何かやる事を見つけなければ・・・。

ふと、家の中を見渡すと作りかけのプラモデルが目に飛び込んできた。

ガンダムのMGである。ユニコーンどうたらこうたらってやつで中々カッコイイ。

目をぎらつかせて近寄ってみるとちょうど良いところで中断されていた。

作り主の息子は今やゲームとユーチューブの二本立てでプラモはそっちのけ。

これはやるっきゃない・・とおもったが物つくりの基本を学んで欲しいので、いつか完成するガンダムを期待して横取りは断念しておこう。

さてどうしたものかとしばらく考えていたら・・・ひらめいた。

やりかけ…イヤ、やろうとおもっていたけどやってなかった機械製作の制御盤を作ってみよう!

思いついたら即行動ってなわけで会社へ取りに行くことに。

豪雨が降るというのですぐ出発したのですが到着した3時には土砂降りに。

ボトボトになりながら材料(おもちゃ)をGETした。そこから充実した休日がはじまったぁ。

どうせやるなら仮組で終わるのはいやだったので線の長さもぴったりに、パーツの配置にもこだわり、配線の取り回しにも気を使った。

本当は仮組して動くのを確かめてからの方がよかったのかもしれないが、もはやそんなことはどうでもよくなっていた。

只々、完成度を高めきれいに組み立てたかったのだ。(間違ってるよ~)

作業途中で用意していた配線10mも足らなくなりホームセンターへダッシュ。

5mを追加した。

残りの作業に没頭していたら最後の40cmの配線が足らなくなった。

「なんでやねんー」

またまたホームセンターへダッシュ!(何回いくねーん)

ってなかんじで、なんとかかんとか制御盤を完成。

2日~3日で出来ると思っていたおもちゃに完全に遊ばれて長期休暇は終了!

機械完成がたのしみです。

「あっ、ちなみに制御盤とか作るのはじめてなんで動くかどうかしらんけど・・・(笑)」

t.urachi

さくら

今晩は
2021年3月16日に新しくオープンした桜珈琲(カフェ)に行ってきました。

ここはよく行く図書館の前に出来たので前から気になってはいたんですが…テレビで紹介もされていた(他の店舗ですが)と聞いたので行ってみよう!って感じです。


店内に入るとこんな感じです。お店の中心にある中庭には桜の木があり…(桜咲いてへんやん(-_-;))。

今はもう桜も咲いていないし…あいにくの雨で天気は悪いし…残念でした。

ですが店内は、ほぼ満員でした。この雨の中大人気ですね。

(暗くなってくると こんな感じ)

メニューは珈琲、トースト、パフェ、ケーキなど。

僕は、季節限定の「春たまて箱」を注文しました。

サンドウィッチ、わらび餅、スウィーツ、日替わり珈琲のセットです。

(ん~~ン よくばり!)

白いプレートがきれいで、お洒落でした。(うまそ~)

(おいしそうでしょ。)(^^)/

秒!完食!(^^)/(おいしかったです。ごちそうさまでした。)

(味わえ!)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 76CACC0D-D377-46F8-B491-545720867035-L0-001-2.jpg
嫁のほうは、こちらです。オープンサンドモーニングです。

(モーニングは朝8時から午後2時迄です。)

帰り際には、お菓子やパンなど買って帰る人が、たくさんでした。

店内もお洒落で、綺麗。また行ってみようかな。

やっぱり、見た目は大事ですよね。食べ物を乗せる器もお洒落でした。

普段の仕事も、製品の見た目も大事で、相手に与える印象が変わりますもんね。

今は、コロナ禍で花見も出来ず、出かけるときも周りに気を遣うし、春さえも感じにくいような気がします。

今回は桜珈琲では残念ながら桜は見れませんでしたが、時期が良ければ…

中庭に、こんな感じで桜が咲くみたいです。きれいですね。

花見をしながら、美味しいものを食べれるわけです。(^^)/

これを見て春を感じてもらえれば、幸いです。

N.yamaguchi

久々のアウトドア

コロナの最中ですが、甥っ子(17歳)が高校に合格した事もあり、久々のキャンプへ繰り出しました。

人けの少ないキャンプ場で、しっかりディスタンスも確保されそうなので行っちゃいます!

場所は淡路島の山の中、丁度桜も満開で気持ちの良いキャンプ日和でした。

キャンプの楽しみは自然を満喫する事が目的ですが、個人的には新しい道具を使うといった楽しみも有り…。

当社エーティーケーにはキャンプの猛者達がおり、小生はその中の二等兵として一昨年、本格的にキャンプ道具を揃え始めました。

当社、キャンプ軍曹級の方たちは、数多のグッズを揃えており、小生も負けじとコツコツ購入。

そして今回新しく手に入れた道具はこの↓

「斧」

別に狩りをするわけでなく、ただただ薪を割る為に購入。

実はこれがとても気持ちがよく、割れるとパリッと心地よい音がします。

でも、節などに引っかかると大騒ぎ

気合で割るって感じです。

甥っ子と「全集中!」して割り切りました!

薪を焚火台に投下! オリャ!

そして暖まる~

火を起こすと、次の楽しみは「キャンプ飯」

キャンプに行かれている方はご存じかと思いますが、外で食べるご飯は通常の約三倍美味しいです。(冗談抜きで…)

今回は少し奮発して、牛肉の美味しそうな部位「シャトーブリアン」を購入。

ミディアムレアで焼いて…

激うまです。

次に淡路島の特産玉ねぎをそのまま焼く

またまた激うまです。

そうこうしているとあっという間に夜になり、焚火の前で一人酒。

あ~、やっぱキャンプは最高ですね。

次回は当社のキャンプ同好会の猛者達とアウトドアを満喫したいですね!

早く、コロナ終わってくれい!

Ⅿ.OMURO

君は舟なり 民は水なり

2021年2月1日の早朝にミャンマーでクーデターが起こり、アウン・サン・スー・チー氏を含む多数のNLD幹部が拘束されました。その後、軍部が政権を掌握したことは、日本国内のニュースでも大きく取り上げられたのでご存じの方が多いと思います。

シュエダゴン・パゴダ(2018年11月撮影)

今回のクーデターの背景は様々あると思いますが、民意を反映していないことは明らかです。このようなクーデターは過去の歴史にも多々発生していますが、最終的にはいずれも失敗に終わっています。また、様々な歴史書が民意を反映しない政権運営は長続きしないことを明確に書き残しています。

私が3年前に初めてミャンマーを訪れた時、この国の人々の心の柔らかさにふれて少し懐かしい気持ちになりました。それは、いわゆる高度成長を迎える前の昭和の日本を感じさせるものでした。街中には懐かしい日本車が多数走り回っていたので、少し過去へタイムスリップした感覚になったことを鮮明に覚えています。

また、ミャンマーの人達は非常に信心深く、仏教寺院への寄付に熱心な側面もありました。聞くところによると施しの文化が深く浸透しているそうです。

クーデターが起こる国と聞くと少し怖いイメージを持ちそうですが、私がミャンマーで感じた国民性は全く逆の印象でした。

川を渡るのに使用される渡船。その名も「Cherry号」。
日本からの寄付らしく、日本人はタダで乗れるらしい。(2018年11月撮影)

今回の件で一番被害を受けるのは、ミャンマー国民です。近年急成長を続けていた国の将来に希望や夢をふくらませていたミャンマーの人達の笑顔が曇ってしまう事を思うと残念でなりません。

一日も早い安定を祈っています。

k.yamatani

寒中お見舞い申し上げます

拝啓

元気ですか!! 久しぶりのヒロシです。

寒中お見舞い申し上げます。

厳寒の候、皆様におかれましては、未曽有の災禍の中、ご苦労はいかほどかと拝察いたします。

本年も、新型コロナ感染の予防対策を万全にし、商売を通じてお客様のお役に立ちますよう新鮮な気持ちで業務に取り組んでおります。

まだまだ寒い日が続くようです。風邪などお召しになりませんようどうかくれぐれもご自愛ください。

敬具

早速ですがコロナ禍の中で、他愛もない小生のちょっとした変化や、するようになった事を聞いてください。

「買い物」

・ほぼネットにて(最近はサインなしです)。

・ス-パ-への買い出しは、土日のすいてそうな時間?に一週間分購入する(やはり不要な外出を避けるため)。

・食材は良さそうなものを少々高額でも購入(外食のことを考えれば安いもんかな)。

・コ-ヒ-を豆から(良い香りですね)。※渋めのモカが好きです

・詳しくはないですが超辛口の日本酒やくせの強いイモ焼酎を探すようになった(売り切れも多い)。

・遊び好きになったキャンプは全てキャンセルしています。

・毎月どこかのキャンプ場に行ってたのですが・・・(コテ-ジ泊もやめました)。

・子供とトランプやボ-ドゲ-ム(すごろく、人生ゲ-ム、将棋、オセロ、ドンジャラ)。麻雀セットを購入して家族4人でやってみたいのだが(妻が難色を示している)。

・ジグソ-パズルは小生抜き(幼少時から、なぜか好きになれない)。

・鬼滅の刃を読み始めた(まだ一巻だが)。

「運動」

・妻と散歩(休日に約1時間:ランニングシュ-ズを買いたい あの高反発の!)

・子供とサッカー(土日の朝 6:15起床 糖分接種のためビスケット等を食べ 6:45出発 近くのグラウンドへ参り、パス練習、鳥かご、シュ-ト練習、リフティングなど)

・帰宅後、風呂に入り、妻の美味しい朝ごはん、そして勉強や読書や雑誌をみたり。

・休日は少し昼寝するようになった。起きたら映画観賞したり、夕方に住吉公園や住之江公園で、サッカ-やかくれんぼや鉄棒練習や縄跳び。

・軟球でグロ-ブも使ってキャッチボ-ルもしたい。

「手伝い」

・風呂掃除:なかなか美しくならないが・・・皆さんどうしてるんだろう?

・食器洗い:平日は夕食後、休日は自分が食事を作った後。食器を重ねられると嫌なんです、茶碗はご飯粒が固くなるので水を入れてほしいと言ってます。

「料理」 

・クックパッドを見て、色々つくるようになりました。

・アヒ-ジョ:簡単で美味しい。にんにくはもちろん国産品にこだわって(ムール貝は美味しいですよ)。

・焼きソバ:ホットプレートで一回目は豚焼きソバ、二回目はイカ焼きソバにします。

・パスタ:妻の好物です。ペペロンチーノ、なすボロネ-ゼ、しめじとブロックベーコン、小生はピーマン多めのナポリタンが一番好きです。

・おでん(関東煮):この出汁作りは難しいと思います。なかなか関東煮屋さんのお店の味にはほど遠い。すじ肉、ゆで卵、トマトは最高!、幼少のころはコロ(クジラ肉)ありましたよね。

・タコス:初めて具を作ってみました。皮は既製品ですが、なかなか好評でした。

・もんじゃ焼き:ホットプレートで。鉄板は辛子明太子ですが、カレ-風味も良いですよ。もちろんベビ-スタ-ラ-メンは然り、豚バラ、牛すじ、餅、イカも良し。

・魚の煮つけ:これは小生には難易度が高い、なかなか思うような味に仕上がりません。目板カレイ、サバ、タラ、サンマ、鯛、サバの味噌煮にも挑戦したのですがどうも・・・。

・親子丼 :卵の入れ方は、出汁を時計回りに流して、逆回りに入れる? 半熟っぽくしたら、子供達には人気が無かった、三つ葉も嫌いでした。

・ピザ :明日、もちろん生地からやってみます。

食べたり飲んだりするのが大好きなので、今後も料理は作っていきたいと思ってます。

やったこと無かったことをやってみるのは時間もかかるし面倒くさいと考えていたけど、やはりうまくいったり、出来るようになったら嬉しいものですね。褒められたら直、テンションが上がります。

仕事も同じかな?

あのアントニオ猪木もドン・フライとの引退試合の後言ってました。

「挑戦することをやめたらダメ」だって!!

ヒロシでした!

新年明けましておめでとうございます

新しい一年が明けました。

2020年は、ほぼウイルスとの戦いに終始した一年でした。

過去経験をしたことがない環境への対応に四苦八苦した一年でしたが、そんな中でも新しい発見や新たなシステムの構築など得ることも多い一年でした。

2021年は、そんな一年を踏まえた年になるので、更に大きな変化が起こる一年になると感じています。

どんな時代であれ、前向きに新たなことにチャレンジし続ける姿勢は変わりません。

この一年もよろしくお願い申し上げます。

株式会社エーティーケー 社員一堂